バー入門 〜ようこそ、BARの世界へ〜

みなさん!バーの世界を楽しんでいますか?

「ドラマのワンシーンのようにちょっと一杯」
「大切な人と一緒に一杯」
「美味しいカクテルを楽しむ」など…。

バーでの楽しみ方は人それぞれでしょう。

一方で、「バーの楽しみ方が分からない」という方もいらっしゃることでしょう。

今回は、

  • これから初めてバーに行く
  • 行ってみたいけれど難しそう…
  • お酒についてよく分からないから行けない

という方や、

「一度行ったことはあるけれど、どうやって楽しんでいいのか分からなかった。」

という、バーの世界から足が遠のいてしまっている方々のために、バーへ行ってみたくなるようなきっかけとして、

「これで十分。BARの世界」

をテーマにバーの世界を紹介していきたいと思います。

監修

今回の企画では中洲での人気店、
BAR HEART STRINGS NAKASU(バー ハートストリングス)
橋本浩二 様に監修をしていただきました。

注文の仕方でバーを楽しみ尽くす方法

2014.08.07

バーの流れ バーのマナーを知る

まず、バー初心者向けに『バーの流れやマナー』を紹介させていただきます。

初めに、『バー』の定義をはっきりさせておきたいと思います。
バーとは、簡単に言えば「酒場」です。

近年では、

  • ダイニングバー
  • ダーツバー
  • ショットバー
  • オーセンティックバー

の様に、バーの形態も様々です。

今回は、オーセンティックバーについて紹介していきたいと思います。

オーセンティックバーとは

オーセンティック(Authentic)とは

直訳すれば「本物の」「真正な」「信頼のおける」という意味。

オーセンティックバーは、カウンターがあり、雰囲気が良く、バーテンダーさんが作る格別なお酒を楽しめる上質な空間です。
そして、上質な空間であるが故に、そこで飲むには当然、ルールやマナーというものがあります。

ルール、マナーなどと言うと、ハードルが高く感じられるかもしれませんが、特別難しいことはありません。
ルールやマナーを知っていると、バーを存分に楽しむことができます。

この「バー 入門」を読めば、バー利用の基本的な流れ、バーのルール・マナーを理解することができるでしょう。

それでは、さっそくバーでの流れ、ルールやマナーを紹介していきましょう。

バーへの入店

オーセンティックバーのお店の多くは、木製の重厚なドアで、窓がなく店内が見えない所が多いです。
初めは緊張するとは思いますが、思い切ってドアを開いてみましょう。

※失敗しないバーの選び方はコチラ

Heart Stringsカウンター

このように、バーカウンターが広がり、バーテンダーさんが迎えてくれます。

はじめに「こんばんは」と挨拶を。
席は基本的に店員さんが案内してくださいます。案内していただけない場合は「ここの席いいですか?」と確認して着席しましょう。

「たばこをよく吸われるお客様なら、同じく喫煙されているお客様の隣に」「まったく初めてのお客様はここに」など、バーテンダーさんも色々と考えていらっしゃるので。。。

席についたら、おしぼりを受け取り、ゆったりと…。
次はいよいよ注文です。

バーでの注文

メニューが渡されます。(メニューがないお店もあります。)
メニューには代表的なカクテルと軽食、おつまみが載っています。

メニューに記載されているカクテルはほんの一部なので、記載されていないものでも注文することができます。

基本的にバーではお酒を楽しむところなので、食事を済ませてから行きましょう!

「何を飲めばいいのだろうか?」
「居酒屋で飲んでいたカクテルでも大丈夫?」
と悩むかもしれませんが、気負わなくても大丈夫です。ゆっくりと決めましょう。

バー初心者におすすめの注文方法

バーに来るのが初めてだという方へのおすすめの注文方法は、居酒屋などで見慣れている

  • ジントニック
  • モスコミュール
  • スクリュードライバー

のような、馴染みのあるカクテルを飲み比べてみることです。

プロのバーテンダーさんが作る本物のカクテルを味わえるので、違いにびっくりされると思いますし、お店があなたの好みにあっているのかを判断する基準にもなります。
(ジントニックが美味しいお店は、ほかのカクテルも美味しいのです!)

カクテルの名前が分からない時

カクテルの名前が分からない場合は、バーテンダーさんに自分の好みの味を伝えましょう。

簡単な例ですが、

あなた
バーへ来るのがはじめてなのですが、何かおすすめはありますか?
バーテンダーさん
アルコール度数が高いもの、低いもの、どちらがよろしいでしょうか?

ロングカクテル、ショートカクテル

カクテルにはロングカクテル、ショートカクテルというものがあります。

ロングカクテル
氷が入れられて提供されるカクテル。比較的アルコール度数が低くて飲みやいです。
長い時間をかけて、のんびりと飲みたい時におすすめです。
ショートカクテル
逆三角形をした「カクテルグラス」で提供されることが多く、アルコール度数が高いものがほとんどです。
お酒が冷えているうちに、短時間で飲み干すことが好ましいカクテルです。3、4口で飲みきるとスマートです。
マティーニ

ショートカクテル:マティーニ

モスコミュール

ロングカクテル:モスコミュール

あなた
度数が低い、ロングカクテルの方がいいです。
バーテンダーさん
では、オレンジやフルーツを使ったもの、甘いもの、スッキリとした物など、お好みの味はございますか?
あなた
甘くて、炭酸が入ったものがいいです。
バーテンダーさん
かしこまりました。

このように、あなたが飲みたい物のイメージを伝えましょう。バーテンダーさんがあなたの好みを理解して、最高の一杯を出してくれます。

素直な感想を伝える

カクテルを飲んだら、バーテンダーさんに素直な感想を伝えましょう。

  • おいしいです。
  • もう少しアルコールが強くても大丈夫です。
  • ちょっと辛くて苦手かな…。

これが、次の注文へのきっかけになります。

バーでの注文について詳細に解説した「注文編」もどうぞ!

注文の仕方でバーを楽しみ尽くす方法

2014.08.07

バーでの過ごし方

バーに来ているお客様は、

  • 友人や恋人と会話している。
  • 一人で物思いにふけっている。
  • ぼーっとしている。
  • バーテンダーさんのお酒を作る姿を観察している。
  • バーテンダーさんと会話している。
  • 携帯をいじっている。

など、過ごし方は人それぞれです。

自分に合った過ごし方が見つかると、バーも楽しくなります。
とはいえせっかくバーに来たからには、バーテンダーさんとお話してほしいです。

たとえば、

  • あのボトルのお酒はなんですか?
  • ウィスキーについて教えて下さい。
  • さっき頂いたカクテル、美味しかったです!次はこんなのが飲んでみたいです。

など、なんでも結構です。
次の注文へのきっかけにもなりますし、お酒の知識が身につきます。

こうして知識もついてくると、バーがより楽しいものになります。

周りのお客様に配慮する

しかし、ここで注意したいのは、バーテンダーさんを独り占めしないことです。

他のお客様もバーテンダーさんと会話したがっているかもしれないし、お店が混雑してバタバタしているかもしれません。
お店の状況を見て話しかけるとバーテンダーさんにも喜ばれます。

最近では、スマートフォンでカクテルのレシピを検索したり、電子書籍を読んでいる方を見かけます。
携帯の操作を禁止しているお店は少ないですが、ディスプレイの明かりには注意しましょう。バーの照明は暗いので、携帯のディスプレイの明かりが目につきます。
周りのお客様のご迷惑にならないよう、輝度を下げるなどの配慮を心がけましょう。

カクテルを飲みきる時間

カクテルは、大体 1杯20~30分で飲みきるのが目安です。

特に、ショートカクテルは飲む時間とお酒の温度に注意を払いましょう。
ショートカクテルは冷たく、美味しいうちに3口か4口で(時間にして15分~20分)で飲みきるのがマナーであり、エチケットです。

ロングカクテルなども時間をかけていては氷が溶けてしまい水っぽくなってしまうので、30分以内に飲み切るのが望ましいです。

どうしても飲めない場合は

頼んだお酒は、最後まで飲むのがお酒を作ってくれたバーテンダーさんに対する礼儀ではあります。

ですが、出されたカクテルが苦手でどうしても飲めない場合や、酔いが回って気分が悪くなり飲みきれない場合もあると思います。

この時は、正直に「残してすいません、飲み過ぎてしまいました。」と伝えて残しても大丈夫です。

酔いつぶれるのは

ついつい飲み過ぎて酔いつぶれるのは、お店の方に迷惑がかかってしまいます。
何より、カクテルを作ってくれたバーテンダーさんに対して、とても失礼な行為になってしまいます。

自分の体調を把握し、時にはチェイサー (お水) を飲むなどして、楽しくお酒と付きあいましょう。

会計・退店

お会計は、着席したまま行うのが一般的です。
手を挙げてバーテンダーさんに合図し、「お会計お願いします。」と伝えましょう。

料金の目安

ドリンクの値段は、カクテルならば大体1000円前後です。

カクテルの値段の目安
  • ジントニック:1000円
  • ギムレット:1200円
  • マティーニ:1500円

手間のかかるカクテルや、フルーツを使ったものは少々高くなります。
また、ウィスキーなどになると、銘柄によって値段が変わるのでバーテンダーさんに確認しましょう。

チャージ、サービス料
お店によっては席代として「チャージ」や「サービス料」を取るお店もあります。
大体500円~1000円のお店が望ましいです。

お会計を済ませ、「ご馳走様でした。」と感謝の言葉を添えて、スマートに退店しましょう。

バーで注意すること

バーへ行くときの服装

基本的に「ドレス・コード」はありません。
しかし、お酒を嗜むいっぱしの社会人、大人であるならば、TPOに合わせた常識のある服装を心がけたいですね。

万一、このバーには馴染めないと思ったら

お店のドアを開けた瞬間「ちょっとこのお店は合わない、イメージと違う、無理そう。」と思うこともあるでしょう。
その場合は無理をして入店する必要はありません。
「すみません、お店を間違えました」と一言断り、スマートに立ち去りましょう。

行くときの人数

バーへ行く際は1人、もしくは2~4人の少人数で行くことが望ましいです。

グループで行く際は、事前に予約しておくことが望ましいです。他のお客様に迷惑をかけないよう、声の大きさや態度に注意しましょう。

大声で話さない

バーは社交場です。紳士にいきましょう!

写真を撮るのは許可を得てから

お店の雰囲気を壊さないよう、周りに気をつかいましょう。

バーテンダーさんがお酒を作っている時に話しかけない

作っている最中は全神経を注いでいます。

いかがでしたでしょうか?
バーでの流れを知った今、実際に行ってみたいと思われたと思います。

最後に、失敗しないバーの選び方を紹介させていただきます。

失敗しないバーの選び方

バーの探し方には以下があります。

  • ネットで探す
  • 本や雑誌で探す
  • 食べログで探す
  • BAR Naviで探す

しかし、みなさんが行きたいバーは、サービスはもちろん、味のクオリティや空間などが素敵なところですよね。

そんな方におすすめの探し方は、「NBA(日本バーテンダー協会)に所属しているバー」に行くことです。

所属しているバーは毎年行われる、全国バーテンダー技能競技大会の出場を目指し、日々研鑽しておられるので、味はもちろん、サービスも間違いありません。
簡単に言うと、プロフェッショナルな集団です。

今回はその中でも、この企画にご協力していただいた、中洲の「ハートストリングス」さんを紹介したいと思います。

バー ハートストリングス

バー ハートストリングス (BAR HEART STRINGS NAKASU)
所在地 福岡市博多区中洲3丁目2-2 第3ラインビル5F
TEL 092-262-3136
営業時間 月~土 19:00~翌3:00
予算 3,000円~5,000円
アクセス 地下鉄空港線 中洲川端駅より徒歩5分
JR各線 博多駅より徒歩15分
バー ハートストリングス

BAR HEART STRINGS NAKASU

ハートストリングスのカウンター ハートストリングス バーテンダー橋本浩二

ハートストリングス・バーテンダー 橋本 浩二さん(バーテンダー歴30年)

サイドカー

ショートカクテル:サイドカー

アペロールソーダ

ロングカクテル:アペロールソーダ割

ハートストリングスのカツサンド

カツサンド

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回は初心者の方にも理解しやすいよう、難しいところは割愛しております。
今後も、バーの世界をより楽しめるような企画を掲載する予定です。

注文の仕方でバーを楽しみ尽くす方法

2014.08.07